本好きメンダコのアトリエ

マンガやアニメをより一層楽しめる情報をお届けします

【BEASTARS(ビースターズ)】アニメはマンガの何巻まで?アニメとの違いは?

f:id:yukinak0:20201127120737j:plain

『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)で連載されていた大人気漫画、『BEASTARS』(ビースター

 

擬人化された肉食獣草食獣が生活する学園を舞台とした物語となっており

数々の賞を受賞し、話題を呼んだ人気作品です。

 

そんな大人気作品の「BEASTARS」ですが、2021年1月からアニメ2期が放送されます!

 

まだアニメ1期見ていない!

マンガも読んでみたい!!

という方もたくさんいることでしょう。

 

そこで今回は

「BEASTARS」アニメはマンガのどこの内容なのか?

アニメとマンガの違いはあるのか?

といった、気になるところをご紹介したいと思います! 

 

※マンガやアニメのネタバレが含まれますのでご了承ください!!

アニメはマンガの何巻までの内容?

 

アニメ1期は2019年10月から12月までの放送されており

全12話でエンディング曲が毎回変わるところがとても印象的でした。

(2曲かと思っていましたが、4曲あったようです・・・!)

 

気になるアニメの内容は、マンガの1巻から6巻前半までの内容となっております。

(2021年1月に最終巻の22巻が発売予定)

 

基本的にはマンガとアニメの内容は同じです。

 

ここのセリフはこういった風に読むのか・・・とか考えて

マンガを見返しながらアニメを見るのがとても楽しかったです!!

 

マンガとアニメとの違い(1話~12話)

アニメも気になるけど、マンガも気になる・・・!

違いをわかった上でアニメを見たい、マンガを買いたい!

という方も多いと思います。

 

アニメ化するにあたって、ストーリーの構成やセリフの変更などはあるでしょう。

 

その中でも、私が「あれ??マンガと違う!!」

思わずテンションが上ってしまった部分を中心にご紹介したいと思います!

 

見逃している部分があれば、コメントやメールでぜひ教えて下さい!!

 

アニメ1話 (満月は照らす獣を選んでる)

 

1話はアルパカのテムが襲われるシーンが恐ろしかったです。

 

1話のマンガと違うところはこちら

  • 主要人物(レゴシ、ルイ、ハル)の登場シーンが違う

 

主人公のハイイロオオカミ、レゴシの登場シーン

マンガでは木陰からひっそりと自分の悪口を言う草食動物を見ているところから始まりますが、アニメでは食堂の端に手だけが見えているところから始まりました。

 

また、亡くなったテムの手紙をエルスに渡すシーンも少し変更されており、

エルスが向けたハサミを掴んだ際に、落ちた手紙を拾ってもらうから

エルスの寮の前で待ち伏せして手紙を渡すといった風に。

 

マンガでは、オオカミは恐ろしい存在だということを顕著に表していますが、アニメではレゴシの控えめで不器用な面が強調されているなと感じましたね。

 

個人的にエルスの「胸にしまっておくことは出来なかったでしょう」

というセリフが好きなのですが、アニメではなくなってしまったのが少し残念。

 

アカシカのルイの登場シーン

マンガではカイがリーダー室に飛び込んできたところで初登場でしたが、

アニメではテムに花を手向けるシーンから始まりました。

 

マンガでは意地悪な印象が強いルイですが、

アニメではひたすらにかっこいい印象を受けますね!!

 

ドワーフウサギのハルの登場シーン

レゴシに襲われたところからの回想で、いじめに遭うハルですが

アニメではいじめのシーンがいくつか追加されていました。

 

上からマットレスが降ってくるところはびっくりでしたね。

ハルと同室のサリーの登場シーンも増えています。

 

また、これは細かいところですが

ミズチの彼氏がハルとキスをしたというところ、アニメではバードキスというセリフになっていました。

より可愛くて軽い印象にしたかったのでしょうか?

 

1話は全体的に主要人物の登場シーンが変わっています。

これは3匹のキャラクターの印象を強くするということだったのかなと私は思っています。

 

アニメ2話 (学園の心臓部は庭園にあり)

2話は基本的にマンガの通りでしたが、そんな中でもマンガと違うところが少しありました。

それがこちら

  • 怪我をしたときのルイのセリフ
  • 食べ物のパッケージや内容
  • ルイの練習着

 

ゾーイを庇って足を怪我してしまったルイ

マンガでは虚勢を張ってキツイ言葉を使っていましたが、アニメでは素直にレゴシに肩を借りていました。 

また細かい部分ですが、ルイの練習着のズボンがサルエルっぽいだるっとしたものから、普通のジャージに変わっていましたね。

 

2話はルイに関する部分が少し変わっていますが、1話の話でもあったようにルイの少し悪な部分がなくなっている気がします。

 

 

あとは細かいところですが

食堂でのご飯のところ、豆乳と牛乳のパッケージが可愛くなっていたり

パンがトーストからコッペパンに変わったりしていました。

 

この部分、よくよく考えてみると

トーストよりコッペパンのほうがウサギの柔らかい腕の感触により似ているのかなぁ・・・と想像できないこともないですね。

 

アニメ3話 (オスオオカミ 出生のとき)

3話も基本的な筋はマンガと大体同じですが、個人的に好きなシーンがなくなっていました・・・。

それがこちら

  • レゴシがカイをからかう貴重なシーンがなくなった
  • レゴシが図書館でウサギとの接し方を検索するシーンがなくなった

 

ここのなくなったシーンは本当に少ないカットなのですが、レゴシの少しお茶目なところが垣間見える貴重なシーンでした。

 

アニメ4話 (君は聖杯までふやかして)

4話はあの温厚なレゴシがビルを思いっきり殴るシーンがとても印象的です。

マンガと違うところはこちら

  • ビルの代役を探しているときのレゴシの体勢
  • ビルに怒るレゴシのセリフ
  • レゴシの衣装や演技

 

ルイが倒れてしまったので、アドラーの役をトラのビルがやることになりましたが

ビルも役を持っていたので、その役を誰かがやらなければなりません。

なるべくルックスが似ている動物を探しているところで、ホワイトボードの後ろに隠れたレゴシですが

マンガでは目立たないように身を屈めて、耳をペタンとして隠れていたのです。

ここのレゴシがとても可愛くて個人的に好きなシーンだったので

「隠れ方が違う!!!!」と一人で大騒ぎしていました。

 

また、大きく変わったのがレゴシの衣装です。

マンガでは包帯を少し体に巻き付けたとてもワイルドな衣装で、上半身がほとんど見えている状態だったのでですが

アニメでは質素なシャツになっていました。

 

まぁ、あの包帯の衣装では脇役にしては目立ちすぎるんじゃないかと思っていたくらいなので、なるべく目立ちたくないレゴシの性格からすれば質素なシャツのほうがいいのかなと・・・。

 

(ちなみに私はワイルドな包帯の衣装のほうが好きです。)

 

そしてビルと戦うシーンですが、マンガでは初手は「バチィッ」という平手打ちでしたが、アニメではもういきなりグーで殴っていましたね。

さらにレゴシが殴るシーンはたっぷり追加されていて、迫真の演技(?)でした。

 

過激なシーンが増えたな・・・と思う反面、ビルに対して怒りを表すセリフだったり、劇のあとに喧嘩をしながらルイに謝りに行くシーンがなくなっていたことにびっくりでした。

 

マンガでは顕著に出ていたビルへの嫌悪感が、アニメでは表面的にはあまり感じられないのかなといった印象です。

アニメ5話 (しっぽの汚れにも理由を見出すお年頃)

アニメ5話のマンガと違うところはこちら

  • ジャックとご飯を食べる場所が変わっている
  • ルイがレゴシとビルの背中を強く掴むシーンがなくなっている

 

4話の演技で一躍有名となったレゴシ

あまり目立ちたくないレゴシはひと目を避けてジャックとお昼ごはんを食べますが

マンガではあまり人の通らない階段だったのが

アニメでは水の張られていないプールに変わっていました。

 

また、ルイ、ビル、レゴシが広報部に写真を取られている後ろでは

ルイがビルとレゴシの背中(レゴシは背中に怪我をしたため、肩)をギリギリと掴むシーンがありますが、アニメではこの描写がなくなっていました。

 

外面を保ちつつ、後輩たちにしっかりと威厳を示しているルイの意地悪さが好きだったのですが

やはりアニメではルイはイケメンに描かれていますね。

 

アニメ6話 (視界の滲み 夢か現か)

6話は平和な学園生活とは打って変わって、大人の裏社会が見えるお話でした。

マンガと違うところはこちら

  • ジュノをイジメていた鳥類の顔芸
  • レゴシとビルの喧嘩がソフトになっている

 

6話は細かいところが少し変わっていました。

 

なかでも好きなのが、ジュノがいじめにあっていたシーン。

その中の鳥類の生徒の去り際の威嚇・・・でしょうか?

顔がグワッとなっているシーンがあるのですが、そこが好きです。

 

裏市で自分の指を売る草食獣を前に、また喧嘩をするレゴシとビルですが

アニメでは喧嘩のシーンが少なくなっていると思いました。

ビルへの嫌悪感より、レゴシの食肉への嫌悪を表に出しているような・・・そういった印象です。

 

アニメ7話 (制服と被毛のそのまた下の)

7話では私の大好きなエピソードがありました!!

  • レゴムのエピソード
  • ハルとルイの初対面シーン
  • カブちゃんの世話をするレゴシ

 

マンガ20話のレゴムのエピソード

順番が変更されて、7話で描かれていました!!

たまごサンドの話は個人的に大好きなお話です!

 

角の生え変わりが予定より早く来てしまったルイがハルに初めて会うシーン

マンガではジャージ姿でしたが、アニメでは制服になっていました。

それにしてもルイの角の生え変わりはいつも予定より早く来ますね。

 

ウサギのエロ本のことを知ったジャックはレゴシに声をかけようとします

レゴシは早々に自分のベットに入り、携帯を触っていましたが

アニメではカブトムシのカブちゃんの世話をしている描写になっていました。

 

レゴシがカブちゃんに優しく話しかけるシーンが好きです。

そのあとのジャックの「絶句するならせめて口閉じて!!」のセリフもとても好きです!!

 

アニメ8話 (犬歯に糸ようじひっかけるように)

アニメ8話のマンガと違うところはこちら

  • 思考停止するレゴシの描写がカット
  • ハルに声をかける動物が変更
  • ビルがルイを引っ掻いて怪我をさせた後のシーン
  • 隕石祭のステップ

マンガではハルへの恋心を確信したレゴシが思考停止して体の動きも止まってしまう描写がありましたが、アニメではなくなっていました。

 

またその後、ハルに「外は危ないから早く帰りな」と声をかけてくれるおじさんがいたのですが

モブのおじさんから市長のライオンに変わっていました。

 

マンガよりもモブが減り、主要人物のシーンが多くなっている気がします。

 

マンガ30話でルイがビルに引っかかれて怪我をするところですが

その後のビルとルイの会話のシーンが丸々なくなっていました。

結構重要な話だと思っていたので、全部なくなっていたのにはびっくりしました。

ビルがあまり干渉しないようにされているのでしょうか。

 

最後は本当に細かいところ

隕石祭のダンスのステップが4ステップから3ステップになっていました。

 

アニメ9話 (エレベーター最上階の戦慄)

9話はついにルイの過去が明らかになりましたね

マンガと違ったところはこちら

  • ルイの過去 連れて行かれる動物が変わった
  • ハルの靴を見つけた動物が変わった
  • ハルのお風呂シーンが追加
  • 市長とルイが話している場所が変わった

 

ルイの過去ですが、全体的に絵本のようなタッチ

より不気味さが増していましたね。

その中で仲間が連れて行かれるシーンがあるのですが

マンガではロバのような子供

アニメではウサギの子供でした

 

ハルが連れ去られて靴だけが残っているシーン。

学生のシマウマ達が見つけるのですが、アニメではミズチの彼氏一行になっていました。

 

ハルが獅子組のボスに食べられそうなシーン。

制服を脱がされ、隅々まで体の模様をチェックされるシーンでしたが、アニメではハルがお風呂に入るシーンが追加されていました。

体温が上がって肉が柔らかくなるとかなんとか。

 

連れ去られたハルのことを諦めろと言う市長とルイのシーン

マンガではおそらく市役所のようなところなのですが、アニメでは隕石祭のテントの中でした。 

ここを出たところでレゴシがルイを見つけて喧嘩になるので、喧嘩の場所も隕石祭の広場になっていましたね。

 

ハルに声をかけた動物が市長に変わったので、ここは広場にいた方が辻褄があっていると思います。

アニメ10話 (綿毛、地の果てまで追うならば)

アニメ10話ではレゴシが裏市で獅子組に乗り込んでいくところ・・・一番の見所ですね!!

マンガと違った部分はこちら

 

  • レゴシが裏市で絡まれるシーンが変更
  • ゴウヒンが同行するはずが、後からの登場に
  • 獅子組との戦闘シーン
  • 一番最初に食べる部位

 

レゴシは獅子組のアジトを探すために裏市に行きます

チンピラの話を盗み聞きしたことで絡まれてピンチ!のところですが

アニメではただ肩が当たったから絡まれてピンチ!!になっていました。

本当にただのチンピラですね。

 

パンダのゴウヒンが一緒に獅子組のアジトまで行ってくれるのですが、

アニメではレゴシ一匹で行くことに。

あとから助っ人として来てくれますけどね!!

 

そして獅子組との戦闘シーン

レゴシはかっこよく制服を脱ぎ、獅子組と戦うのですが

アニメでは制服は着たままでした。

 

あとでハルに制服を渡すのですが、脱いだ制服は持っていたのかな?と疑問に思っていたので

まぁ着たままのほうが都合がいいのでしょう。

 

ハルが精一杯の抵抗をしますが、獅子組のボスにあっさりと捕まって食べられそうなシーン

マンガでは「まずは小指からだ・・・」というセリフなのですが

アニメでは耳から頂くとのことでした。

 

小指だと私達人間でも想像できる痛みなので、怖いですよね・・・。

(耳も十分怖いのですが)

 

アニメ11話 (ゆきゆきて 夏のネオン街)

11話は官能的な見どころ満載でした・・・

ほとんど内容はマンガと一緒でしたが、唯一の違いがありました。

それがこちら

  • カブちゃんの死に方

レゴシが寮に帰らなかった日、レゴシが可愛がっていたカブトムシのカブちゃんが死んでしまうのですが

マンガでは一見生きているか死んでいるかわからない様子でしたが

アニメではひっくり返って死んでいる様子に変わっていました。

 

レゴシが獅子組のボスと戦うところでは

カブちゃんがレゴシの手から離れていくシーンがとても美しかったです。

 

アニメ12話 (夏嵐の後ろ姿)

12話は獅子組のことが一段落して、隕石祭が行われます。

10話や11話と違って話がトントン進んでいきますが、細かいところが変わっていました。

マンガと違ったところはこちら

  • 隕石祭の舞台が屋台から普通の舞台に変わっている
  • ジュノの心の声がほとんどなくなっている
  • 隕石祭のレゴシとジュノのシーンの後半がなくなっている

全体的にジュノとレゴシのやり取りが減っています。

主要キャラクター以外はあまり掘り下げないようですね。

 

それに比べてレゴシとハルのシーンはとても丁寧に描かれていました。

 

アニメ2期はいつから?

 

 アニメ2期は2021年1月6日からの放送です!!!

 

1期の12話でも最後に熊科の薬の描写がありました・・・。

 

主題歌も決まったので、あとは年明けをそわそわして待つことに・・・!

 

まとめ

 

BEASTARSアニメ1期のマンガとアニメとの違いをご紹介シましたが、いかがだったでしょうか。

 

アニメしか見ていない!という方もマンガの内容が気になってきたのではないでしょうか。。

 

単行本は22巻で完結する予定なので、巻数も少なくて今から買い揃えるのにもうってつけだと思います。

 

いまからおさらい、お勉強して、アニメ2期を思いっきり楽しみましょう!!